離婚の種類について

離婚には大きく分けて、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類があります。それぞれの形を簡単に解説します。協議離婚は、夫婦で話し合いをして双方合意の元離婚が成立するスタイルです。原因もいろいろありますが、協議離婚の場合はすべて話し合いで解決しますから、離婚原因は問いません。

協議離婚で決着がつかないという時は、双方の合意が得られなかった時です。どちらかが離婚を申し出ているのに、片方がそれを拒否するというケースです。この場合は家庭裁判所に仲介役となってもらい調停離婚となります。

調停離婚でも決着がつかない時は、審判離婚になります。家庭裁判所が離婚を妥当と認めている場合は、そのまま審判離婚に持ち越され、審判が下ると離婚が成立します。

審判離婚でも成立しない場合は、地方裁判所に委ねます。離婚裁判を起こす事になるので、相当もめているケースです。判決で離婚が成立すれば、法律上の離婚原因を要求されます。裁判離婚まで持ち越すと、そこからさらに1年近くかかる事になるので、トータルではかなりの時間を要します。

協議離婚ならそれほど苦労はありませんが、離婚が結婚よりも大変だと言われるのは、裁判離婚のようなケースです。基本的に双方の合意があれば離婚できますが、財産分与や親権の問題で揉めるケースが多くなっています。話し合いでの解決が難しそうだと感じた場合は、早めに弁護士へ離婚相談をするといいでしょう。法律の専門家であるため、親権や慰謝料といった問題のスムーズな解決へ導いてくれるでしょう。