離婚に必要な条件

離婚を申し出たからといって必ず離婚できるわけではありません。お互いが性格の不一致や価値観の違いを理由に協議離婚をする以外は、揉める事になります。協議離婚が成立しない場合は、法に則り審議が進められますので、民法で離婚理由に該当しないと離婚はできません。

例えば夫が不貞行為(浮気や不倫)をしたという時、不貞行為をした側からの離婚申し出は認められません。妻から離婚したいと願い出れば、精神的苦痛などを理由に離婚が認められる事はありますが、不貞行為をした人はその権利がありません。

離婚理由として認められる事に「悪意の遺棄」というのがあります。法律では夫婦はひとつ屋根の下に暮らし助け合う義務があります。一緒に暮らさない、生活費を渡さない、配偶者を家から追い出すという時、ここに悪意があると悪意の遺棄となり離婚理由とみなされます。

ただし悪意の遺棄が認められるのは、他人赴任や同意のもとの別居、などは該当しません。浮気相手と一緒になりたいなどの身勝手な理由が、悪意のある遺棄です。

他には失踪してしまうなど、3年以上生死が不明な場合で、全く行く先がわからず、生死も不明な場合に離婚が認められます。ただし生死が確認できない事を証明しなければいけませんので、離婚届を出して即離婚成立とはなりません。証拠資料があれば離婚が成立します。